スポンサーリンク

メタボ対策として国から認定?!コンセプトは「楽しみながらウォーキング!

スポンサーリンク

投稿日:2016年10月13日 更新日:

一体何が起こっているのか、何がここまで熱狂させているのか、今アメリカ国内がすごいことになっています。

「ポケモンGO」

今朝のテレビ情報でいうと、今アメリカ人の大人・子どもの81%の人たちがこれにハマる社会現象となっています。

ニューヨークのセントラルパークが昼夜問わず「お祭り騒ぎ」です。
連日のニュースを見る限り、ゲルマン民族の、、、(見たことないですが)、携帯を片手に大移動しています。

この現象に便乗して露店販売する「電池屋」まで出現し、彼らは儲かりまっせのウハウハです。
確かにポケGOユーザーたちの電池の消費は半端ないでしょう。
一般的な充電器では用をなさないため、初めて見ましたが、ポータブルソーラー(携帯型太陽光発電機)を持ち歩いている人までいました。

あと、このゲームが「移動」が基本になるため、レンタル自転車も大繁盛しているようです。
確かに歩かないと成り立たないゲームですので、多くのアメリカ人が人生の中で今「外でたくさん歩くようになった」と言っています。

お目当てのポケモンを捕まえるために歩き続けないといけない。
ポケモンGOビギナーに1時間万歩計をつけてゲームをしてもらったら、アメリカ人の一日の平均歩数の2倍も歩いたという驚きの結果になったそうで、肥満大国アメリカにとっては、このポケモンGOが国家をあげて推奨する、エクササイズ事業に進展していく日が近いかもしれませんね。

でもこの熱狂によって、ゲームに集中しすぎて崖から転落したり、ポケモンを探すために不法侵入してしまったり、危険やモラルを懸念する現状もあるのでくれぐれも気をつけたいですね。

まもなく、日本でもGOとなるこのゲーム。
アメリカと同様な現象がおこるだろうと予測されます。

開始に先駆けて電量対策は必須だろうと、私はリュックサックと一体型になっているものがないか、アマゾンを早速してみると、、、ありました。

「HALOS メンズリュック」

発電機はリュック搭載なので背負うだけで便利な、しかも防水のリュックです。
個人的にはなかなかスマートなデザインでいい感じだと思ったのですが、オーノ~「売り切れ」です。
入荷未定なので、これは早めに手を打たなければ、、、

日本でもこのポケモンGOが新たな経済活性の火付け役となるかもしれず、そして、「楽しみながら運動できる」ということで、もしかしたらメタボ対策に一役買える優良ゲームとして、ゲーム版「トクホ」として認定されるかもしれません。(食べ物ではないので特例として)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© Happiness Life , 2018 AllRights Reserved.