スポンサーリンク

Tポイントと楽天ポイントはどちらが貯まりやすい?貯め方やカードの種類を徹底比較!

スポンサーリンク

投稿日:

カテゴリー
性別
年代
季節

楽天ポイントとTポイント貯めて得するのはどちら!?

こんにちは!HappinessLifeを送ろう★生活編です^^
今回は一番身近なポイント楽天ポイントとTポイントをどうやったらお得に貯めれるのか・カードの種類等見ていこうと思います。

■多くの人が集めている2大ポイント

今やポイントカードは当たり前となり、財布の中は数々のお店のポイントカードでいっぱいという人も多いでしょう。
その中でも最も人気があり、多くの人が集めているのが楽天ポイントTポイントです。
楽天ポイントと聞いてすぐに思い浮かぶのは「楽天市場」ではないでしょうか。
楽天ポイントは楽天株式会社が発行して管理しているポイントのことで、インターネットショッッピングモールの「楽天市場」や旅行を手掛ける「楽天トラベル」などを利用すると会員に楽天ポイントが付与されます。
ちなみに楽天ポイントは楽天スーパーポイントという呼び名が正しい名称となっています。
もう一つの人気ポイントのTポイントは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが展開するポイントサービスで、各提携先で利用するとポイントが貯まります。
どちらも貯められる要素が多く、貯めた後の使い勝手もいいため、多くの人に浸透しているポイントです。

1.ポイントの付き方

楽天ポイントは楽天で購入する際、通常は原則として購入金額の1%分のポイントが貯まります。
1ポイントは1円として換算し、使用する時は50ポイントから1ポイント単位での使用が可能です。
ただし、楽天トラベルに関しては100ポイントから100ポイント単位での使用となっています。
一方TポイントはTポイントの提携先によってポイント付与率やポイント還元率が異なります。
しかしながらほとんどの提携先において、支払い額100円か200円につき1ポイントのTポイントを付与しており、Tポイントの還元率は1ポイント使用につき1円です。

発行されているカードの種類

楽天が発行している楽天ポイントカードは、クレジットカードの楽天カードとは異なります。
楽天ポイントカードは当初「Rポイントカード」という名称でサービスを開始しましたが、現在では楽天スーパーポイントを共通ポイントサービスとして利用できるようにしています。
他にも楽天Edyの機能がついた「Edy-楽天ポイントカード」があり、加盟店によっては店独自のオリジナルデザインのポイントカードが発行されており、マニアの間で人気です。
Tポイントが貯まるカードにはクレジット機能つきTカードの他に、株式会社アプラスが発行するTカードプラス(アプラス版)とTカードプラス(アプラス版・ライトブルー)、Tカードプラス(オリコ版)とTカードプラス(ポケットカード版)があります。
アプラスはさらにTカードプラスαも発行しており、オリコが発行するクレジットカードのTカードプラスPhotoもあります。
Tポイントが貯まるカードはこれだけにとどまらず、ファミマTカードにTSUTAYA Wカード、TSUTAYA Wカード(アプラス)そしてTSUTAYA Wカード(ファミマクレジット)と、その種類が非常に多いのが特徴です。
発行会社が異なることや、TSUTAYAでの使用に重きをおいたものなどがあるため、使用する目的によってカードを選択することができます。

■ポイントを増やす方法

楽天市場などでは定期的に「お買い物マラソン」や「楽天スーパーセール」を行っており、その期間に買い物をすると付与されるポイントが5倍になったり最高は10倍になったりします。
旅行を考えているなら他の旅行会社ではなく、楽天トラベルを利用すれば、もともと旅行代金は高額ですので一気にポイントが貯まります。
航空チケットやレンタカーの予約でもポイントが付きますし、海外で使ってももちろんポイントが付与されるので大変お得です。
Tポイントは全国のコンビニやスーパー、レストランやガソリンスタンドなど、生活に身近な場所で使うことができますので、知らないうちにけっこうな数のポイントが貯まります。
また海外でも使えますし、インターネットショッピングモールの「Tモール」での買い物でもポイントが付与されます。
他社のポイントをTポイントに変換することも可能で、隙間時間にはゲームで遊べばTポイントを貯めることが可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© Happiness Life , 2019 AllRights Reserved.