スポンサーリンク

格安スマホ「ワイモバイル」その特徴やプランなどを徹底解説!

スポンサーリンク

投稿日:2022年2月23日 更新日:

カテゴリー
性別
年代
季節

格安SIM」「格安スマホ」という言葉をテレビやインターネットで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか?

格安スマホに乗り換えたいけれど、種類がたくさんあってどれを選べばいいのか分からない・・・。

月額料金が安くなるのは助かるけれど、サポート面や使い勝手は良いのか?

そんな疑問にお答えするべく、今回は格安SIM・格安スマホの中の1つ「ワイモバイル」の特徴やメリット・デメリットを調べてみました。

 

◎ワイモバイルの基本情報◎

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブグループとして「格安SIM」「格安スマホ」を提供しています。

ソフトバンクの自社回線を利用しているので、大手キャリアと同じ安定した速度で快適に利用できるのが大きな特徴です!

提供会社もソフトバンクモバイル株式会社なので、大手の安心感がありますね。

 

ワイモバイルは、スマホ満足度6年連続№1を獲得している点もおすすめできるポイント!

※2021年度サービス産業生産性協議会JCSI(日本版顧客満足度指数)調べ

 

スマホの月々の料金を節約したいけれど、格安SIM・スマホはちょっと不安・・・と思っている方、キャリアスマホから格安スマホへの乗り換えを考えている方も、知名度のあるワイモバイルであれば乗り換えのハードルも低くなるのではないでしょうか。

 

ワイモバイルにはどのようなプランがあり、どのような方にお勧めなのか。メリット、デメリットを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◎メリット◎

①通信速度が安定している!

先程もお話しした通り、高速データ通信にはソフトバンクが持つ回線を利用しているので、全国どこでも幅広く、安定かつ快適な環境で使用出来ます。

お昼や夜などの回線が混み合う時間帯にスマホを使う機会が多い方も、通信速度が落ちてストレス・・・となることなく使用することが可能なのです!

さらに基本料金も変わらず5G対応とのことなので驚きですよね!※

※高速大容量5G(新周波数)は限定エリアで提供。

↓↓詳しくは下記参照↓↓

https://www.ymobile.jp/area/select.html?device_type=sp03_5g

②シンプルな料金プランで選びやすい!

通話やデータ容量のプランを選ぶには、自分が普段スマホを使う際にどの機能を重点的に使っているかを考える必要がありますが、ワイモバイルはシンプルな料金プランでそういった煩わしさがありません!

◆ワイモバイルの料金プラン◆

シンプルプラン S M L
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
データ通信容量超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
通信方式 4G/5G対応※限定エリアで提供

※価格は全て税込

また、2021年8月以降データ繰越に対応しており、余ったデータ容量は翌月末まで繰越が出来るようになりました!

 

料金プランが安くても別途通話料等が嵩んでしまうのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。そんなあなたにお勧めのサービスがあります!

 

それは・・・選べる2つの通話オプション!!

オプションその①➡「だれとでも定額」

だれとでも定額は、770円/月で10分以内の通話が無料になります。

電話はほとんど10分以内で、月の合計通話時間が18分以上であれば、「だれとでも定額」を契約したほうがお得となります!(1分44円×18分=792円)

 

オプションその②➡「スーパーだれとでも定額(S)」

スーパーだれとでも定額(S)は、1,870円/月で通話時間・回数制限なしで国内通話がかけ放題になります。

たまに長電話をする方でも、月の合計通話時間が43分以上であれば、「スーパーだれとでも定額(S)」を契約すればお得でもあり、安心ですね。(1分44円×43分=1,892円)

 

長電話が中心の方でも短めの通話が多い方でも、ワイモバイルであれば通話料金に悩まされることなく気軽に電話で会話を楽しめます!

③ひとりでも家族でもお得に使える!

ひとりからOKのお得プラン➡「おうち割引セット(A)」

ワイモバイルユーザーは、ソフトバンク光やSoftBank Airを自宅で使用している場合、「おうち割引セット(A)」の割引を受けることができます。

「おうち割引セット(A)」を適用すれば、一人あたり毎月1,188円が割引されます。

◆おうち割引セット(A)◆

プラン名 割引後の月額
シンプルS 990円
シンプルM 2,090円
シンプルL 2,970円

※価格は全て税込

 

家族で使えるお得プラン➡「家族割引サービス」

家族間で2回線以上ワイモバイルを契約すると、1台あたり最大1,188円の割引をうけることができます。※最大9回線まで

◆ワイモバイル家族割引サービス◆

契約回線数 月々の割引額
1回線目 なし
2~9回線目 シンプルS/M/L 1,188円
・スマホベーシックプラン

・Pocket WiFiプラン2(ベーシック)

・データベーシックプランL

550円

※価格は全て税込

 

おうち割引セット(A)、家族割引サービス、どちらを利用しても、シンプルSなら月額が990円ととてもお得に利用することが出来ます!

 

家族割引サービスの「家族」とは、ご家族(血縁・婚姻)、もしくは同住所であることを確認する必要があり、お手続きには家族確認書類が必要となりますのでご注意ください。

つまり、血縁・婚姻関係であれば同居でなくても適用されますし、同住所であればご家族ではなくても適用される(同居中の恋人等)という対象の広さが魅力的ですね。

 

なお、おうち割引セット(A)と家族割引サービスは併用できませんので注意しましょう!

④安心の対面サポート!

申込やサービスのすべてをオンラインで行っている格安SIMもありますが、ワイモバイルは実店舗も豊富にあり、分からない点を気軽にお店で店員さんに聞くことができます!

各種相談はもちろん、不具合や変更、付属品の購入も可能ですし、気軽に店舗に行って話を聞けるので、乗り換えを悩んでいるユーザーも安心ですね。

 

デメリット

 

①データプランが少ない!

現在スマホプランは先程見て頂いた通りシンプルS/M/Lのみであり、データ容量は、3GB/15GB/25GBです。

データ容量無制限のプランは提供されていない為、長時間動画を見たり、テザリングを使用してたっぷりインターネットを楽しみたい方には向いていません。

Wi-Fiを使って家などで使用する事が多いのであれば気にしなくてOKです。

さらに、ワイモバイルには月額550円で「データ増量オプション」がありますので、無制限ではなくとももう少しだけ容量が欲しいという方や旅行や出張などでインターネットを多く使ってしまい容量不足になった際は利用しましょう!月途中からでもオプション加入可能ですよ!

 

②乗り換え前のキャリアメールが使えない

ワイモバイルに乗り換えた際、今まで使っていた大手キャリアのメールアドレスは引き継ぐことが出来ません。

乗り換え前にキャリアメールを使わずフリーメールで統一しておくと乗り換えた際の手間が減らせるのでおすすめです。

 

③大手キャリアに比べて購入できる機種が少ない

ワイモバイルでは大手キャリアより購入可能機種が少なく、選択肢が狭くなります。

希望機種がワイモバイルで取り扱いがない場合には、SIMフリー端末を自分で用意する必要がございますのでご注意ください。

◎まとめ◎

ワイモバイルのメリット・デメリットを紹介させて頂きました。

通信速度に悩まされることなく、かけ放題や割引サービス適用でとてもお得に利用できることが分かりましたね。

また、店舗もありますので、トラブル時にお店でサポートを受けられる他、格安スマホに乗り換えたいけれど不安・・・という方は店舗に一度足を運んで店員さんと相談出来ますので格安スマホデビューにおすすめできます。

格安スマホは色々な会社から出ているので、比較検討してご自身に合った携帯会社を選んでくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Copyright© Happiness Life , 2022 AllRights Reserved.